登録無料のセフレ出会い掲示板で出会った女性とセックスをした。その女性は函館市に住む菜々子ちゃん。仕事は小さな会社の事務をしているらしく、どこにでもいるような明るくて可愛い子だった。菜々子ちゃんは職場で出会いが無いのでセフレ掲示板でエッチな関係を作りたかったそうだ。

セフレ出会い掲示板でメールのやり取りをしお互い気があったので会うことにした。久々のデートということもあって張り切って準備をし待ち合わせ場所に行った。飲み屋を予約していたので近所の飲み屋に行ってお酒を飲んでいろいろな話をした。

セフレ出会い掲示板で出会った女性の綺麗な足を写した画像。肌は白くパンツが見えている。

居酒屋で十分楽しんだ後は菜々子ちゃんが飲み足りないというので二次会をすることに。二次会の場所が無いので俺の家に行って飲むことにした。コンビニでお酒を買って家に帰る。見てないDVDがあるのでそれを見ながらお酒を飲もうということになった。

家について軽くお酒を飲み電気を暗くしてから映画を見てるとお互い酔っ払っているので、すぐにそういった雰囲気になった。ゆっくりと近づきキスをした。軽くふくの上から胸をさすり上着の下から手をいれ乳首をさわる。感度がいいのかすぐに乳首が大きくなっていった。

乳首をコリコリしていると気持ちよさそうに声を上げている。そのままスカートの中に手を突っ込み、まずは下着の上からアソコを軽くなぞるように触ると、ぷにぷにとした柔らかい感触が分かる。もう濡れているようなので下着をずらし、アソコに指を入れる。

もう、なかはかなり濡れていて指がスムーズに出し入れできる。クリを軽く撫でていると、いきなり失禁したように潮を吹いた!!すぐに潮を吹いてしまうと恥ずかしそうに菜々子ちゃんは俯いていた。その姿が可愛かったので一気に服を脱がしクンニをしてあげた。

菜々子ちゃんも我慢できなかったようで、俺のものを欲しがっていたためシックスナインをすることに。お互いペチャペチャやジュポジュポといった音が部屋の中で鳴り響いていた。その時も菜々子ちゃんはイッたらしい。

菜々子ちゃんがもう挿れて欲しいとお願いしてきたのでゴムを装着し挿入。ゴムを付けていても仲がヌルヌルなのがすぐに分かる。正常位から騎乗位へと体位を変えながらガンガン突くと立ちバックの時にまたも潮を吹いた。

ベットの上はもうシミだらけだった。「シミだらけにしてごめんなさい」と菜々子ちゃんは言っていた、ここまで来たら許すしか無いのでどうしようもない。「気にしなくていいよ」と俺が言うと嬉しかったのかその後のエッチが激しくなったような気がした。

朝まで何度もセックスをした菜々子ちゃんは今では俺のセフレになっている。登録無料の出会い掲示板でもセフレが出来た。今は1週間に一度は家にきてセックスをするまでの中になった。菜々子ちゃんは彼氏も居ないのでこのまま彼女にしてもいいかもしれないと考えている。