セフレ募集掲示板で浴衣の似合う女の子を探した。今度夏祭りの花火大会が地元の北海道で行われることになっていた。その花火大会に行く友達も彼女もいなかったのでセフレ募集掲示板で女の子を探した。出来れば花火の後はエッチをしたかったのであえてピュアな出会いではなく大人の出会いにした。

掲示板を見ていると一人の女の子が目に止まった。掲示板には寂しいので誰か相手してください。という内容が書いてあった。俺と一緒の境遇なので何だか仲良くなれそうと思った俺はメールを送ってみた。「俺も寂しくしてます。よかったら花火大会一緒に行きませんか?」といきなり誘ってみた。

セフレ掲示板で出会った浴衣を着た女性

もちろんすぐにはOK貰えないという事は分かっていたが、それにより一気に打ち解けた。しばらくメールで会話をしているとなんと、この広い北海道では珍しいことが!!なんと、かなり近所に住んでいるみたいだ。地域から探せるセフレ募集掲示板だが、こんなにも近くの女の子が見つかるなんてw

そういったこともあり、何だか距離がグンと縮まったような気がした。盛り上がった俺達は意気投合し一緒に花火大会に行くことになった。ここで俺は絶対浴衣を着てきて欲しいとお願いした。浴衣着ている女の子と遊びたい。そんな願望があったからだ。北海道の小樽市での花火大会は楽しみだ。

花火大会の当日待ち合わせ場所に向かうと浴衣をきた真奈美ちゃんにあった。真奈美ちゃんは近くに住む大学生で最近こっちに引っ越してきたらしい。もちろん友達もまだいないし彼氏とは別れたばかりなので寂しいかったとのこと。とりあえず花火を見るために良いスポットを用意していた俺はそこに真奈美ちゃんを座らせた。

次々に花火が上がるのを見とれながら真奈美ちゃんの方をチラチラ見ていた。花火効果か浴衣効果なのかわからないが美人だった、髪を上げているうなじの部分などを見るとムラムラしてくる。そんな目で見てはイケない!!花火を見ようと花火を見た瞬間、真奈美ちゃんが手をつないできた。

優しく細い手が俺のゴツゴツした手の上にのっかってくる。一瞬ドキッとしたが俺はそのまま手を握り返した。さすがセフレ募集で大人の関係を求めているだけあって積極的だった。花火が終ってしまうと何だか寂しい気持ちになったので真奈美ちゃんとそのままご飯を食べに行くことにした。

そこで大いに盛り上がったので二次会はもちろん家に呼んだ。家に呼んだならもうヤるしかない。浴衣を着た真奈美ちゃんとのセックスはとても良かった。家も近くなので何時でも会ってヤレる関係になっている。セフレ掲示板は本当にセフレが出来たので感謝している。