セフレ掲示板で知り合ったギャルが神待ちをしていたので、セフレ関係に持っていった体験談。ギャルはお金を持っていなく、ご飯を奢ってやって家に泊めてやったのだ。それからセフレになったというながれ。

そのギャルと出会ったのは、ウラデジとかいう出会い系サイトだ。ここの出会い系は大人の出会いも探せる掲示板として有名になっている。おれはいつもここで女を漁っていた。ある日のこと、掲示板に神待ちと書いてあったので返信してみた。神待ちとは家に居たくない女の子が家出をしていてそれを世話してくれるというもの。俺もあまり詳しく無いが、とりあえずご飯を奢って欲しいのと家に泊めてほしいということだった。

セフレになった家出ギャル

俺は一人暮らしなので全然家に泊めるのは問題ないホテル代が浮くのでまぁいいかと思って会うことにした。一応デブは嫌だったので体の写メだけは送ってもらった。後は若いということでOKだった。もちろん年齢は20歳ということだった。

とりあえず近くの居酒屋の前で会うことになったので、居酒屋へ。そこにやった来たのは肌の色が黒く金髪のギャルだった。これはなかなかエロいwとりあえず一緒に御飯を軽く居酒屋で食べた。俺はギャル男でもないのでかなり違和感があったと思う。なので、早々に居酒屋を出て、家に連れて帰った。家でももちろんお酒を飲ましてエロいことしようとしか考えてなかったのだが、あまり飲まないらしい。

これは困ったと思っていたのだが、ギャルはあまり寝てないらしく、すぐに眠ってしまいそうになっていた。でもとりあえず臭そうなので風呂に入ってもらい寝てもらった。もちろん横に若いギャルが寝ているので手がでない方がおかしい。ゆっくりと服を脱がしオッパイを出した。ゆっくりと触ってみるとかなり柔らかい。それでもぐっすり眠っている。ww

ゆっくりとパンツを横にずらしそっと股間に手を伸ばす。少し湿っていたので触り続けていると濡れ出したwwえろいwゆっくりと指を出し入れすると少し喘ぎだしたwやってもいいという合図だったのか?まだ半分寝ているような感じだ。しかし興奮して俺はイチモツを挿入w意外に締りが良くてかなり気持ちいwかなり気持ちよくて動きが激しくなる。そうするとギャルはもう完璧に起きているようでかなり喘いでいたw愛液がどんどん溢れ出てくる感覚が太ももに感じる。それから騎乗位の状態で中に出してしまった。あまりにも気持ちよすぎて外に出すとか忘れてたww

そのままギャルは疲れたのか全裸で寝てしまっていた。次の日起きるとまだ裸のままで寝ていたのでそのまま2回戦wその日も飯を食わせてやりその日も泊まってその夜もセックスをしたw聞いてみると行くとかが無いから少しの間泊めて欲しいということだった。俺は飯を食わせてやるから、家の掃除とセックスは毎日やれと命令していたww

今でも俺の家に来てはセックスを2回はしている。ウラデジにいる子はこんな子ばかりだそうだ。