セフレ掲示板を覗いているとある書き込みを見つけたので返信してみた。その掲示板には人妻34歳ヤリ目募集です。と書いてあった。写真を見る限りきれいな人妻がヤリ目を募集しているのはなんか珍しかったので、すぐにメールを送ってみた。
その人妻さんからメールが返って来たのは3時間後wもう半分諦めていたのだが、メールが返って来た。

掲示板にヤリ目募集とか書いてるので、いろいろな人からメールが来て返信に対応していたようだ。その人妻も男性を物色しているようだった。

人妻のセフレとセックスした体験談

なかなかいい人が見つからなくていろいろな男性から写メを貰っては断っていたらしい。競争率が激しいのだ。俺は顔は普通でどこにでもいるような顔をしているので写メを送ってもどうせ断られるだろうと思っていたがダメ元で写メを送ってみた。

すると返って来た言葉はとりあえず会ってみたいということだった。なんで?と聞くとなんかタイプだったらしい。この顔のどこがいいんだろうとか納得できなかったがとりあえず会うことにした。正直美人局かも知れないし名前は偽名を使っていた。今考えたら意味が無いことだがw

待ち合わせの場所に行くとその人妻は待っていた。長いスカート履き上はTシャツ姿まぁ人妻には見えない。とりあえず昼間なので雰囲気のいいカフェでコーヒーを飲みながらいろいろとおしゃべりした。お喋りな人妻はなんでも喋ってくるガツガツした性格なのかもしれないなと思った。

人妻の名前は裕子さん。裕子さんは結婚して7年にもなるらしい。旦那とはうまくやっているので、ヤリ目のセフレが欲しかったらしいが、なかなか良い人がいないので掲示板に登録し男を漁っていたようだww掲示板には変なやつも多くしつこい奴も多いそうだ。

そんな中なぜか俺を選んでくれたのかは不思議だ。訳を聞いてみると昔の彼氏に似ているらしい…たったそんな理由だったそうだ。こちらこそぜひお願いしますといったところだ、コーヒーを飲み終わるとそろそろホテルへ…ということでホテルに向かった。

ホテルに着くとエレベータの中でいきなりのディープキス。ねっとりとベロが口の中に入ってきてヌチャヌチャと音をたてる。なんともイヤラシイ音だ。部屋に着くなりいきなりズボンを脱がしてきて即フェラ。お風呂にも入ってないのにいいのだろうかと思っていたが興奮してた俺はそのままの流れに任せることにした。

ベットに移り裕子さんの服を脱がすと大きなオッパイが出てきた。それにむしゃぶり着くと裕子さんはエロい声で喘ぎだした。オッパイを舐められるのが気持ちいらしい。オッパイをなめなが手をアソコにもっていくとアソコに指を入れた。中は暖かく滑りが良くなるほど濡れていた。

しばらく中を指でクリトリスと穴の同時攻めに移るとかなり気持ちよさそうだったので続けていると「い..いく」といってイッてしまったようだ。そうとう気持ちよかったらしい旦那意外でイッたのは初めてと言っていた。それから正常位の格好で挿入し腰を動かした。

生でやっているのでヌレヌレになっているアソコは相当気持ちが良くて細かく体位を変えながら早く行かないように何とか耐えたが、バックで突いてる時もう我慢が出来なくてイキそうになると裕子さんは「中に出してー」と叫んだ。それと同時に奥のほうで精子を放出!!初めての中出しだった。

終わった後は裕子さんのお掃除フェラが始まった。このフェラがとても上手でまた元気が出てきた俺のイチモツ。もう一回やれるほどにギンギンになっていたのを見て裕子さんは「もう1回できるね♪」と嬉しそうに言ったのでもちろんもう一回やった。それも中で出した。二回分の精子と裕子さんの愛液で中はグチョグチョ。

これをもう1回続けたので3回中出しをして裕子さんのアソコを見ていると中から白い俺の精子がだらだらと流れ落ちてきた。さすがに3回以上は出来なくて残念だったが、また今度会う約束をしその日は別れた。人妻のセフレができ、かなり嬉しかったのでこれからも募集掲示板には常に目を通したいと思っている。