ペアーズに会員登録するには女性も年齢確認が必要です

ペアーズに会員登録するには女性も年齢確認が必要です

マッチングアプリとして有名なペアーズ(Pairs)では、会員登録するためには年齢確認が必要とされています。
年齢確認は、本人確認として説明されることもありますが、同じことです。
利用者本人の年齢を確認したい、ということですね。
女性は無料でペアーズを利用できますが、年齢確認が必要なのは、女性も男性も同じことです。
したがって、ペアーズの利用者は女性も男性も身元が確認された人だけということになります。

年齢確認の方法

ペアーズで年齢確認が必要なのは、は18歳以上でないと会員登録できないようになっているからです。
ペアーズではFacebookのアカウントを使って会員登録できますが、Facebookのアカウントでは年齢確認できません。

年齢確認には身分証が必要になります。
以下の身分証が利用できます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • その他の公的証明書(学生証や社員証、障害者手帳など)

これら身分証を撮影してペアーズの運営会社に送信すると、通常、送信してから1時間ほどで年齢認証は完了します。
他人に見られたくないからと、身分証の一部を加工した写真を送信すると、ペアーズの年齢認証の審査に落ちてしまいますので、身分証の写真は加工せずに送信しましょう。

年齢確認ができたら、ペアーズを利用して出会いを見つける準備ができたことになります。

どうして年齢確認が必要なの?

ペアーズの会員登録に年齢確認が必要とされるのは、マッチングアプリを18歳未満の未成年者が利用するのを回避するためです。
未成年者がSNSなどを通じて犯罪に巻き込まれている事例は数多く、それを避けるためにマッチングアプリのペアーズでは年齢の確認を必要としているのです。
未成年者は、他人の身分証で年齢認証しようとしてはいけませんよ。

安全性について

女性にとっては身分証という個人情報を運営会社に送信することに抵抗を感じるでしょうが、ペアーズは個人情報の保護に関して、プライバシーポリシー(https://pairs.lv/#/static/privacy)を公表しています。
ここを読んで納得できたら身分証の写真を送信しましょう。

プライバシーポリシーを読むと、取得した個人情報の不正利用は禁止されており、第三者への提供も禁止されていることが分かります。
また、ペアーズ登録後の個人情報の不正利用の事例はないようです。
身分証の写真の送信による個人情報の漏洩の問題はないといっていいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です